ブログトップ

行間で語ってみよう(コラム)

夏がシーズンのアナゴを食べてきました。
ふわふわで脂もいっぱいです。やっぱり、大量に採れる時期のものはおいしいです。

食べながら寿司屋のおやじとこんな会話をしました。

 わたし:アナゴ、おいしいねえ

 おやじ:今日のは最高だよ!

 わたし:これ、ウナキではないね

 おやじ:ウナギとは違うよねえ

このあと、二人で納得し会話終了・・・。

以上魚のプロとしゃべりのプロのバトルでした。

シンプルで、とても短かい会話ですが、
実は、発している言葉よりも、行間で多くを語っています。

トークの究極って、こういうことなのです。言葉少なめで、そして発した言葉以上の想いを伝えるということ。
そういう会話は、行間だけではなく、会話した後に余韻が残ります。

なんでも、「やばい、やばい!」で済ませていると、
語彙も行間もない、貧弱で品位のない人になってしまいます。
f0112951_00332192.jpg

[PR]
by peewee3 | 2018-09-13 00:32 | プライベート