ブログトップ

ホテルの三大業務とは?(2/24)

ホテルが提供するホスピタリティは
・宿泊
・レストラン
・宴会(結婚式や、企業のパーティ)
の3つです。本来は、この3つの売上が33.3%づつになるようにバランスが取れていることが理想です。

ゲストハウスがない頃の昭和時代の事、
結婚式はホテルが主流でした。

結婚式はホテルの稼ぎ頭だったわけです。
その頃は、宴会業務が、ホテルのビジネスの4割~5割を占めていました。

1991年バブルが崩壊しました。宴会が一気に減り、ホテルは大打撃を受けました。
宴会業務をメインに行っていたからです。海外のホテルはそのあたりきちんと3割づつになるよう
押さえているようです。

さて、時代は2020年に向けて、外国人観光客が増え、ホテルの
宿泊稼働率は上がる一方です、そして結婚式ビジネスはゲストハウスに押され下降気味です。

今や、ホテルは、宴会などせず、宿泊に集中という時代です。ですから
結婚式をしない、アパとか、東横インなどが大盛況です。

でも、いやな予感がします。世界中どこでもオリンピックの後は、宿泊が冷え込むのです。
2020年の東京五輪でもそうなるでしょう。

前回の1964年の東京オリンピックも同じでした。宿泊が冷え込んだホテル業界は結婚式ビジネスを開始しました。

2020年オリンピック後はまた、ホテルウェディングの時代がやって来ます。
f0112951_10000386.jpg

[PR]
by peewee3 | 2018-02-24 21:54 | ブライダルトピックス