ブログトップ

胴上げの由来(11/6)

プロ野球の優勝時、大学の合格発表時、そして披露宴お開き時など、胴上げが普通に見られます。

あれは、いったいなんでしょうか。
主役を空中に浮き上がらせる事で称えるというもの。

なぜ空中なんですか?と聞かれると答えに困ります。

調べたところ、江戸時代に遡りますが、当時、空と飛ぶなんてことは有り得ないわけです。
空中は、神の領域であり、神聖な空間という考えがありました。

神事として行われたのが始まりで
胴上げをして、称える
なんていうのが元々の考えのようです。

プロ野球では、1950年(昭和25年)、松竹ロビンズっていうチームが
リーグ優勝で監督胴上げをしてから、民衆にも一般化されたようです。

それ以降、結婚式では、いつしか
新郎を、聖域な空間へ投げ入れ、称える!
ということになったのでしょう。

いつも思うことは、新郎胴上げは、酔っぱらいが、酔っぱらいを胴上げしてるという
危なっかしい光景です。力任せにやるもんだから、新郎は天井に頭ぶつけるし、
最後は、力尽きて新郎を床に落としたり。

翌日から新婚旅行だっていうのに。
見ていていつも、ハラハラです。
f0112951_2271326.jpg

[PR]
by peewee3 | 2016-11-06 23:19