人気ブログランキング |
ブログトップ

披露宴スピーチ 1+1=3 でいいのか?

披露宴のスピーチで、

「2人になることで1+1は3にも4にもなるものです。そんな家庭を築いてください。」と話す人がいます。大体がご老体ですが。

言いたい事は解るのですが、いつもこの話には違和感を感じます。

大学で数学を専攻していた私が思うに、

 1+1は、2なのです。

 Excelで計算してもスーパーコンピュータで計算しても2なのです。

1+1が3になるというのは、

競馬や、パチンコなどのバクチの世界なのです。

私が、ゲストとして披露宴でスピーチする時にはこんな風に話しています。

1人と1人が力を合わせるとして、色々な方法があるでしょう。
演算子でつないでみましょう。

小学校で最初に習う
1+1=2になります。
次に習う
1-1=0になってしまいます。
高度な事を考えて
1×1=1でしかないし、
もっと考えて
1÷1=なんてやっても1にしかなりません。

学校で一番最初に習った単純な足し算が一番大きな効果を生みます。
背伸びせず、堅実に1+1をして行ってください。その積み重ねが、やがて3にも4にもなるでしょう。
いつも我ながら自分の話に感動します。

昨日近所のワイン屋さんで1+1=3なんていうワインのラベルを目にしました。
1+1が3の味ってどんなんだろう?これはこれで吞んでみたいです。
f0112951_00274368.jpg
味は、普通だったりして・・・。

by peewee3 | 2019-01-05 23:15 | 恋塚ブライダル現場