<   2017年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

ベーリックホールの披露宴パーティ(7/31)

ベーリックホールの披露宴パーティです。夕方5時ということでしのぎやすい気温での披露宴開始です。アットホームなパーティを!と、乾杯の発声は新郎さんがしてくれました。
f0112951_2322153.jpg

そしてパーティは終始和やかに。

披露宴の中で新郎新婦がテーブルを回り、ゲスト紹介を行いました。
アットホーム感があります。

その後、ケーキ入刀を行いました。ウェディングケーキには、チョコレートのプレートが乗っていました。

そこにチョコペンで書かれた文字は、

HappyWeddingではなく、新郎のアイディアで、なんと!

This is cake!
f0112951_23224997.jpg

でした。「これぞ、ケーキだぜ!」なんていうタイトルで、遊び心いっぱいでした。
私こういうの好きです!!

やがて外は雨が降り始めました。雨のウェディングと残念がる人はいませんでした。
せっかくのパーティが雨で台無し、ではなく、雨の日から、晴れの人生へのスタートというわけです。

卓上花、ブーケ、ブートニアにはひまわり、季節感感じられる和やかで楽しい披露宴でした。
f0112951_23231059.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2017-07-31 23:23

べーリックホールのウェディング(7/29)

昨日のこと、横浜山手べーリックホールに行ってきました。
私のお役目は、人前式司式者、披露宴司会です。

昨日も横浜は、日中は30度越えでした。

それを想定し、お昼の時間ではなく、16時からのガーデン人前式でした。

夕方の挙式、丁度よかったです。
f0112951_01163251.jpg

誓いの言葉、指輪の交換、結婚証明書署名、結婚宣言と進行しました。

新郎、新婦双方のおばあちゃんの出席する、和やかな結婚式でした。


[PR]

  by peewee3 | 2017-07-30 23:27

披露宴 カメラマンの持ち込みついて(7/29)

持ち込みは会場が嫌がりますが、会場側も防御策を張っています。
さまざまです、例えば・・・

①・友人カメラマンならOK、プロカメラマンはNG
→カメラマンは友人を名乗れば友人カメラマンで要られる

②専任カメラマンではなく、席を設け1名分料理をつければ持ち込みOK
→1名分の料理なんてたいした売り上げにならない・・・。

③プロ機材のカメラでの撮影の場合持込料が発生する。
→これは波紋を呼ぶなあ。

プロのカメラマンというのは機材に拘るものなのだろうか?
どんな機材であってもきちんと撮影できるのがプロというもののように思います。

同様に、機材(カメラ)で言うと、天気の良い環境できれいに写るのは当たり前。
問題は曇り、雨の日、そこでもきれいに写るのがいいカメラでというものです。

ならば、プロカメラマンは、どんな機材であろうと悪天候であろうと、しっかりとした
写真を撮影する!これですよね。
f0112951_22381237.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2017-07-29 22:37

くまブーケ(7/28)

お花屋さんの店頭にこんな花束がありました、花の代りに、くまが咲いてました。
なんだかとっても新鮮な気持ちでした。
f0112951_2292220.jpg

クマが、これだけいると、実に癒されます。

今どきのお花屋さんってお花以外のものも結構置いているんだなあと思いました。
クマ、かわいいです。
f0112951_22170362.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2017-07-28 22:10

披露宴の招待状を頂きました。(7/27)

結婚披露宴のご招待状を頂きました。
久しぶりの披露宴へのゲスト出席、とても楽しみです。早速お返事を書き返送です。
f0112951_23504719.jpg

最近は、返信はがきに出欠の連絡だけではなく、
・祝福のメッセージ
・祝福の想い
・ご招待頂いたことへの感謝

を添える傾向があります!
もちろん、それを受け取った新郎新婦さんへ祝福を伝えるためです。

私もそれを表現してみました。

ちょっとやり過ぎ!ぐらいがいいのです!
新郎新婦さんはテンション上がっているのですから。

・まず「御」は二重線で消すのもいいですが「寿」という字で上書きしてしまう→「寿消し」という
・「出席」の前に「慶んで」と付け加える
・「出席」の下にさせて頂きますと付け加える
・結婚おめでとうの祝福、招待頂くことの感謝、当日楽しみにしているの旨メッセージ
・マスキングテープや、シールなどを貼って、さりげなく祝福装飾!

これでパーフェクト!
f0112951_23511255.jpg

尚、メッセージ欄には、おふざけな内容はやめましょう。親御さんも読む可能性もあるので。。。
[PR]

  by peewee3 | 2017-07-27 23:51

結婚式準備中の新郎に必要な3つの力(7/26)

結婚式当日に向けて、それを準備する新郎新婦さんですが、
花嫁の夢、要望を反映したウェディングをするために、
新郎は、ここぞとばかり牽引力を示す時でもあります。

新郎に必要な3つ力(心得)があるといいます。
それは、スマート力、フォロー力、アピール力です。
と、ゼクシィは語っています。

1.スマート力
 冷静な判断力、論理的に考え行動する腕の見せ所です。

2.フォロー力
 花嫁の想いのすべてを受け止め、それをそばで支えます。

3.アピール力
 ぶれない芯の強い想い、ここぞという時の男気です。

ゼクシィ7月号付録 彼専用ゼクシィで詳しく解説しています。
こんな新郎さんに支えられたら花嫁は幸せです。

結婚式準備中の新郎の皆さん、頑張りましょう!
f0112951_23372088.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2017-07-26 23:37

いまどきの婚礼料理 (7/25)

披露宴に出慣れているゲストにとって、中華のコース料理は新鮮味があっていいものです。
そんな理由からでしょうか、日本の中華街の婚礼も盛況です。
高級中華のコース料理自体あまり食べる機会もありませんしね。

以下は四大中華料理といわれています。
・四川料理
・北京料理
・上海料理
・広東料理
です。

一般的に、結婚式で出てくる料理は上記のうちのどれでしょう?

答えは無難な味付けの広東料理です。
無難な味付けというのは、特徴のない味付けと言ってるわけではなく、
日本人の口に一番合う、中華の味付けなのです。

町中の中華料理屋(半分ラーメン屋さんみたいなお店も)さんはこの広東料理ベースになっています。

f0112951_011489.jpgf0112951_01211.jpgf0112951_012915.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2017-07-25 23:31 | ブライダルトピックス

光触媒(ひかりしょくばい)の蘭(7/24)

光触媒(ひかりしょくばい)とは、

「太陽や蛍光灯などの光が当たると、その表面で強力な酸化力が生まれ、接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を除去することができる環境浄化材料」

だそうで、空気を浄化する作用をもつ素材と言ったところでしょうか。

お花屋の商品券が手元にあったので、お花屋さんに蘭の鉢植えでも買おうかと思い行ってきました。
大きな鉢植えですと1.5万~2.5万円ほどします。

目を引いた鉢植えを指差し、
「これきれいですよねえ」なんて言ったところ、お花屋さんのお姉さんが

「これ、実は光触媒でできた造花なんですよ」とのこと。

思わず、
「これが造花なんですか!!!!」というほど、隣の生花蘭と変わらない様相です。
言われてみれば、というか、言われないと気がつかないレベルの本物そっくりでした。
そして値段も生花蘭と同等です。

造花であれば、手入れもいらないので、早速購入し、家にある生花蘭と並べてみました。
言われなければ造花とは思えないクォリティです。
ちなみに左が生花の蘭、右が光触媒です。
f0112951_23483561.jpg
いい買い物をしました。
--------以下広告-------

[PR]

  by peewee3 | 2017-07-24 23:19

アナウンスの専門学校さんからのご案内メール(7/23)

最近はネットを活用したマーケティングに皆さん力を入れているようですが相手がだれなのか解らず闇雲に
送ってくる宣伝メールも多いですね。
今日は、東京の大手アナウンスの専門学校からメールが届きました。
ブライダル司会養成体験講座 500円!とのこと。

おいおい!ブライダルMCアライアンスの会長に、基礎から勉強しろってか?
もう、勉強しちゃおうかなあ。

先月はもっとすごかったです。

葬儀司会者養成講座のご案内でした。

「ブライダル」MCアライアンスの会長に葬儀の司会のを薦めない様、是非宜しくお願い致します。

もう、まったくー。
f0112951_9564277.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2017-07-23 17:56 | 恋塚ブライダル現場

せっけんで作ったブーケ、シャボンフラワー(7/22)

先日近所のお花屋さんへ行った時のこと、青いバラの花束がありました。
ブライダルの演出品で、青い薬品を吸わせて花びらを青くするなんていうバラの花商品があります。
それかな?と思いきや、

なんと、せっけん素材で作った花びらなのだそうです。
f0112951_23170897.jpg
えー!とびっくりしました。人工品であることから、色はさまざま鮮やかに作ることができるようです。
f0112951_23172721.jpg
f0112951_23172371.jpg
f0112951_23171577.jpg
最後はせっけんとして使うのか?お花屋さんに聞いてみました。
色は顔料のため、手につけて、ブクブクすると着色して逆に手が汚れてしまいます。

あくまで、観賞用のお花ということだそうです。でもこの鮮やかな色素敵です。

新婦さんからゲストへのプレゼントなんていいと思いますね。

[PR]

  by peewee3 | 2017-07-22 22:00

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE