<   2016年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

テレビ番組への嘆き(その2) お散歩番組(5/31)

テレビ番組はスポンサーの広告料で成り立つ訳ですが、

今や、インターネット広告活動が活発化しているため
テレビ業界は低迷です。

まったく、テレビ番組は昔に比べて、低予算番組ばかりです。
海外ロケは減り、国内ドキュメンタリー、そして街中を歩いておいしいものを紹介する
いわゆる「お散歩番組」ばかりになってしまいました。

この「お散歩番組」、視聴率が取れるから、ではなく必要に迫られての制作なんでしょうね。
見ていて、あんまりおもしろくないです。わざとらしいシーンが多いし。
f0112951_2201527.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2016-05-31 21:48

テレビ番組への嘆き(その1) 時代劇番組の激減(5/29)

視聴率が取れないからなのでしょう。時代劇番組がどんどん減り、
水戸黄門を最後に民放では、現在「ゼロ」状態です。

先日、落語を聞きに、寄席に行った時のこと、噺家(落語家)さんも嘆いていました。
手ぬぐい、火吹き竹、三角巾・・・

落語は、江戸の町の人情などを小話にしたものですから、
時代劇を見たことのない若者は、落語を聞いてもイメージが沸かない。

そして噺家さんは、それをわかり易く話すなんていう考慮も最近では必要なのだそうです。

司会者としても、同様心当たりありで困ってしまいます。

一方、NHKでは、日曜夜8時の大河ドラマがあります。
時代劇ではない年もありますが、まあ、テレビ番組で時代劇が見られるのはここだけになってしまいました。が、殿様の話ばかりで、江戸の庶民の生活を把握するには困難です。

そんな中、滝沢秀明が主役を務める、鼠小僧の時代劇が放映されています。
鼠、江戸を疾る!です。

タッキーが主役だし、これなら若者も見てくれそうでgoodです!
f0112951_21474154.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2016-05-29 21:48 | プライベート

「申してみよ!」は謙譲語なのか?(5/26)

「私が申し上げます」。、「申し上げてよろしいでしょうか」。
と、「申す」は、自分に対して使いますが・・・
時代劇番組ではおもしろい使い方をしています。
お殿様や、お裁きをする東山の金さんや、水戸黄門のご老公など
目上の立場の人が下の人に対して、
「申してみよ!」と、語りかけます。
f0112951_028098.jpg

江戸時代に、このような言葉遣いがあったかどうか自体、定かではありませんが、
この「申してみよ」は、殿様が、下の立場に人に、自分は上であるという匂いをプンプンさせている表現
ということです。
時代劇番組としては、江戸の世の、横柄(おうへい)な殿様の立場を表現している言葉の演出としては、
いいのでしょう。

これを、勝手ですが、「横柄表現」とでも名づけましょうか。

ところで、平成の世でもこれに、似た表現があります。
お役所に行くと、「○○の方は、申し出てください。」なんていう案内があります。

お役所はいったい何様なんだろうか?と思いますし、これが乱用されて、
駅のホームでも
「線路に物を落とされた方は、駅員に申し出てください」
なんて、表示されてますよね。

困ったものです。
[PR]

  by peewee3 | 2016-05-26 13:09

赤縁筆のご縁(5/24)

先日、川越の氷川神社に行ったときに、素敵な縁起物を見つけました。
赤鉛筆なんですが、商品名は「赤縁筆」と書きます。

赤い糸で結ばれた二人なんていう言葉がありますが、
人と人の縁は赤い糸で結ばれているといいます。

今回、手にしたものは赤えんぴつに以下のようなイラストが描かれたものでした。
f0112951_23333178.jpg

そこで、赤えんぴつの おしりの方に彼女が描かれてあり、
えんぴつキャップには彼氏が描かれてあり、
そして、その間を赤い糸が結んでいるというデザインです。

えんぴつを削っていくとこの赤い糸はどんどん短くなるというストーリー性のある
鉛筆、その名も「赤縁筆」というわけです。

私も1本買い求めてきました。売り場に、
「いいね」ボタンがあったら、押したいほどでした。。。
f0112951_23335342.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2016-05-24 23:33

結婚式でのタブー(5/22)

披露宴は、まだ良いとして、挙式では是非とも、やめて頂きたいのがスマートフォンでの撮影です。

スマホはシャッター音が消せません。音が消せない(設定)理由は、盗撮防止のための犯罪対策だそうです。
スマホのシャッター音は電子音ですから耳に残ります(ゲストの皆さんも、気が散ります)。

プロカメラマンの一眼レフは音が鳴ってもいいのかつぶやく人もいるでしょう。それはいいのです。新郎新婦がお金を払って撮影を依頼している人なのです。新郎新婦としては、納得済みです。

指輪の交換時に、頼んでもいない友人がオルゴール音を鳴らして写真を撮ったら?新郎新婦から見ればマナー違反というより、迷惑行為になってしまうでしょう。
f0112951_1151610.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2016-05-23 01:15

お台場の由来(5/20)

先日浜松町の日の出桟橋から船に乗り、船上ウェディングの司会をしてきました。
それはいいとして、

航行した航路で、レインポーブリッジをくぐりフジテレビが見える場所について。
f0112951_23331510.jpg

住所は台場(だいば)と言いますが、なんだか変な名前です。由来はこうです。

江戸末期。幕府は海外からの侵入者に目を光らせていました。具体的には
黒船が墨田川に入り、江戸城を攻撃してくる可能性だったあったわけです。
そこで幕府は、防衛のために大砲を準備、この大砲の台を置く場所として
台場を作ります。湾を埋め立て島を作り、大砲を置くわけですね。

当初は1~11台場まで計画されましたが、実際に建築されたのは1~6台場まで。
そして現在残っているのは、第3台場と第6台場とのことです。

しっかり残っています。
f0112951_23334155.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2016-05-20 23:29

品質の日本?(5/18)

マーケティングの世界では、

 ・ブランドのヨーロッパ
 ・戦略のアメリカ
 ・品質の日本!

なんていうことが言われています。
ウェディングにおいてもその通りです。

さて、本題、今日は、三菱自動車に続いて、スズキ自動車にも品質の改ざんがあったと
報じられました。

日本は品質で勝負なのに、品質に嘘があったというわけです。
企業に不信の目が向けられてしまうと・・・・。

世界に実に恥ずかしい限りです。
f0112951_2329471.jpg

ちなみに、スズキの「S」のロゴですが、この「S}は、
信頼のS!なのだそうです。

あー、格好悪い。

「ごまかし」はだめですよね。明日は「ごまかす」のお話。
[PR]

  by peewee3 | 2016-05-18 23:30

「最近、ばたばたしておりまして~」は危険(失礼)な表現(5/17)

「最近、ばたばたしておりまして~」、は、忙しい時に使う、便利ないい訳です。日本語のわびさびと言うか、阿吽の雰囲気で解ってもらおうという表現です。



ところで、国語辞書を引くと

ばた‐ばた

あわただしく物事をするさま。また、あわただしいさま。「残りの仕事を―(と)片づける」「引っ越しで家中―(と)している」

という意味もあります。日本語としては正しいようです。



しかし、ここで、考えなければならないのは、日本語としては、正しい表現だ、ということではありません。
気配りという観点で、使うべき言葉かどうかと言うことです。

私はよく、この「今ばたばたしておりまして~」を聞かされます。

ばたばたという一語で、「私には、今、あなたよりも他にしなければならないことがありそれを優先しております。あなたに対して、行うべきことは後回しにしています。」、と言い訳していると表現しています。

意識していようとも、人間の心理は、言葉を通して見えてしまいます。(嘘発見器同様です)正当な忙しい理由があるのなら、それを具体的に話し、相手に同情を求めるほうがいいでしょう。

「ばたばたしている」と言われても、相手からすれば、不明確であり、
そんなことはどうでもいいことですから。

いい訳としての「ばたばた」は、実に危険(失礼)な言葉になってしまいます。
f0112951_237480.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2016-05-18 06:26 | ブライダルトピックス

だるまデザイン・ウェディングケーキの目入れ式(5/15)

昨日の続きです。

横浜で一番和装がマッチする会場がここ、横浜三渓園です。

紋服姿の新郎と、豪華な色打掛姿でした。
f0112951_21302792.jpg

ウェディングケーキは、ダルマさんをデザインしたものでした。

だるまは一般的に、
目標を立てた時に左目(だるまさんから見て心臓側)を入れ、
目標が叶った時に、右目を入れます。
f0112951_21305298.jpg

写真は披露宴前の段階です。左目が入っている状態です。
目入れセレモニーは、チョコペンを使って新郎新婦がいっしょにそれを手にして、
目入れをしました。

実は結婚式でのだるまの目入れ式というのは、日本古来の結婚式セレモニーです。

「およめさんが目を入れる」
だから
「およめいり」
というわけです。

和っぽい演出でとても盛り上がりました。

窓の外は、5月の緑、深い緑です。色打掛の赤と綺麗にマッチしていました。
素敵です。
f0112951_21311523.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2016-05-15 21:28 | 恋塚ブライダル現場

横浜三渓園の結婚式(5/14)

横浜の奥座敷、本牧にあります、横浜三渓園に行ってきました。
築100年を超える日本家屋 鶴翔閣での人前式、披露宴でした。
f0112951_2143893.jpg

本日の私のお役目は 人前結婚式司式、披露宴司会でした。

人前式は、客間棟という畳の大広間で行いました。
お衣装は紋服姿と、豪華な色打掛姿です。
f0112951_215353.jpg

挙式の中では、新郎新婦のアイディアで、
「今日の記念に何か1つ地球にやさしいことをしましょう!」
と植樹セレモニーをしました。植木鉢へ二人で土を入れるセレモニーです。

そしてその後には、サプライズで
両家お母様にお水を鉢に掛けて頂きました。
素敵なセレモニーです。

植樹に選んだ植物は、観葉植物のベンジャミンでした。
花言葉は「愛情、友情、信頼、結婚」だそうです
f0112951_21164827.jpg

披露宴のお話はまた明日。

[PR]

  by peewee3 | 2016-05-14 20:49 | 恋塚ブライダル現場

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE