<   2015年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

横浜三渓園の結婚式(8/31)

昨日のこと、横浜本牧にあります、横浜三渓園に行ってきました。
私のお役目は披露宴司会でした。

沖縄好きの新郎新婦さんです。沖縄で出会って
そしてハネムーンも沖縄だそうです。
お二人の趣味は、ダイビング&旅行と同じなんです。

披露宴では、なんともその沖縄アレンジの披露宴が素敵でした。
流れる音楽は沖縄!テーブルにはいい感じのランナー(デザインクロス)が。
f0112951_2348944.jpg

ランナーの上には浮き球の小物が。この浮き球はゲストの皆さんに
プレゼントでした。この浮き球いいですよね。

後日この記念のランナー(布)でお二人でお揃い浴衣を作るんだそうです。
実に素敵です。
f0112951_23484272.jpg

沖縄の民家の大広間で披露宴をしているようなアットホーム感満載のパーティでした。
f0112951_23503191.jpg

good!
[PR]

  by peewee3 | 2015-08-31 23:48 | 恋塚ブライダル現場

ウェディングプロデュース エクラさんを表敬訪問

水戸にあります、プロデュース会社 エクラさんのウェディングサロンを表敬訪問しました。
f0112951_2372719.jpg

エクラ代表の山本恵さんは私がブライダルの仕事をするに於いての恩人です。司会1本でいた私をプロデュースの世界へ連れ出してくださった姉御です。

エクラのサロンは今年新装オープン、本当は一番に駆けつけたかったのですが、この度の訪問になってしまいました。遅くなりながらも、引越しそばを手に伺った次第です。

サロンはとても広々と開放感がありました。引き出物や、写真の展示、ドレスに至っては常時50着の展示があるそうです!

そして、山本さんはすごいのです。奏者に始まり、司会者を経験し、現在はプロデュースを
そして昨年は、

“いい結婚式”のプランニングコンテスト「Good Wedding Award 2014」 ウエディングプランナーの全国大会にてグランプリ(日本一)に輝いた方です。

来年にはきっと、世界一になっていると思います・・・。

山本さんこれからもご指導どうぞよろしくお願い致します。

写真は、山本さんとBMCA磯村本部長と。
f0112951_2375415.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2015-08-28 22:41 | 恋塚ブライダル現場

ウェディングゲストハウス SU CASAさん訪問(8/27)

水戸市の大御所ゲストハウス SU CASA(スカーサ)さんを訪問。

エントランスのヤシの木が一番美しい季節にお邪魔させて頂きました。
f0112951_2345577.jpg

会場を見せて頂き、そしてBMCA北関東ミーティングメンバーでの懇親会を開催しました。

SU CASA(ス カーサ)とは、スペイン語で「あなたのお家」と言う意味。
f0112951_2349070.jpg

こじんまりとしながらも本格的な調度品で装飾された、会場は素敵でした。
チャペル、バンケット高級感があります。
この日は定休日だというのに懇親会のために開けて頂き、おいしい料理を頂きました。
f0112951_23492073.jpg

スタッフの皆様、どうもありがとうございました!
[PR]

  by peewee3 | 2015-08-27 22:37 | 恋塚ブライダル現場

BMCA北関東ミーティング開催報告(8/26)

昨日8/25、茨城県水戸に行ってきました。
茨城県総合福祉会館にて、

第6回BMCA北関東ミーティング(司会者集合勉強会)を開催しました。

茨城、栃木、福島、埼玉、千葉、東京、そして、名古屋、大阪からも参加があり、総勢34名が参集しました。
f0112951_20535823.jpg

講演は3つ
私恋塚太世葉の
 「ブライダル業界の変化に伴う、司会者の心構えについて」

ウエディングマリア ドレスデザイナー川澄信子 
 「司会者にふさわしい、コーディネト術」

金原PR企画研究所 代表 金原榮
 「真のホスピタリティとは~ 元ホテル総支配人が語る、おもてなしの極意」

f0112951_20541720.jpg

そして3人の司会者による感動経験談を聞きました。

短時間ながら、実に内容の濃い勉強会でした。
f0112951_20543376.jpg

ご参加頂きました皆さま、ありがとうございました。




-----以下広告--------
[PR]

  by peewee3 | 2015-08-26 20:54 | 恋塚ブライダル現場

料理だけは絶対にケチっちゃだめ!(8/24)

料理のグレードを落とすのはもってのほかです。
節約ウェディングをするカップルの作戦なのでしょうが、

料理だけは絶対にケチっちゃだめです。ゲストの楽しみの一番は
実は、「あーお腹いっぱい!美味しかった!」なのです。

ゲストをもてなす気持ちがあればお料理はアップグレードさせましょう。
低予算でもゲストが満足行くアップグレード方法もあることはあるんですよ。

お料理7皿あるのであれば、一皿、二皿のみアップグレードでいいんです。
f0112951_0102116.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2015-08-24 23:51 | 恋塚ブライダル現場

引き菓子の選び方(8/23)

引き出物の袋に入れる引き菓子ですが、

新郎新婦さんから「どんなものがいいんでしょうか?」と
質問があった場合、こんなお答えをしています。

・日持ちすることが第一です!

こだわりのお菓子なんて感じで賞味期限が3日後なんていうと
期間内に食べることが優先になってしまい、結婚式のことと思って食べるなんて雰囲気にならないでしょうね。

ゆっくりと味わって頂けるものオススメします。
結局、バームクーヘンとかクッキーとかになっちゃうかな?
f0112951_23432549.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2015-08-23 23:43 | 恋塚ブライダル現場

友人司会者のメリット・デメリット(8/22)

ウェディングの雑誌記事に、こんなのありました。

「司会を友人に頼むメリット」
・コスト削減になる。
・アットホームになる。

だそうだ。どうだろうね。
デメリットのほうが多いように思います。

「コスト削減になる」とありますが、実は、それは うそなのですよ。
シミュレーションしてみましょうか。

・司会をしてくれた友人への御礼:3万円前後
・料理を付け、引き出物を付ける:3万円前後

プロに頼むのとさほど変わりません。

f0112951_22383447.jpg

友人司会のトークにハラハラドキドキするより、

f0112951_22384467.jpg

是非、任せて安心プロ司会!ですよ。
[PR]

  by peewee3 | 2015-08-22 22:36 | 恋塚ブライダル現場

縁起物の鶴と亀、不吉とされる国もある(8/21)

鶴は千年、亀は万年と日本では重宝されますが、

亀を不吉なものと考える国は、中国。
甲羅の硬い亀ではなく、スッポンが嫌われています。
甲羅がやらかくヌルヌルしています。その理由はこう考えれています。
亀が蛇浮気して生まれたのがスッポンである!!!ということ。
(スッポンは被害者のように思えますけどね)

一方鶴を嫌うのは北欧。理由は分からないですが北欧では鶴は不吉な鳥と言われているようです。
現地では、鶴が描かれている服などは着ないほうがいいそうです。
f0112951_22511942.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2015-08-21 22:51 | 恋塚ブライダル現場

夏日、真夏日、猛暑日など・・・(8/20)

今年は例年になく猛暑です(昨年は過ごし安かった)

夏日、真夏日、猛暑日・・・これらの言葉について考えてみましょう。

1日の気温が25度以上の日を夏日、30度以上が真夏日、35度以上が猛暑日と呼んでいます(気象庁が定義する予報用語)。

実は、最近まで、「猛暑日」という言葉はありませんでした。

西暦2000年以降、日本では、異常気象により、35度を超える日が出始めました。当時、35度以上の日を示す予報用語がなかったため、激しい暑さを意味する「酷暑」を用い、造語で「酷暑日」を当てていましたが、2007年4月に気象庁が正式に予報用語として「猛暑日」を定義しました。この時点で「酷暑日」は俗語という位置づけとなりました。

俗語は公の場では使わない言葉となりますので、マイクを持った時は好ましくない言葉となります。

同じ方面の言葉に「熱帯夜」があります。夜間25度以上となる日を指し、20度以上になる日を「真夏夜」と言うわけですが、20度以上になる事は、特別ではない昨今です、現在は使わなくなっている言葉でもあります。

時代とともに言葉は変わるものです。
f0112951_22564453.jpg

「日射病」と「熱射病」と「熱中症」の違い・・・ちょっとマニアックになるのでこの辺にしておきましょう。
[PR]

  by peewee3 | 2015-08-20 23:52 | プライベート

イタリアで見かけた看板(8/19)

先月イタリアに行った時、空港で見かけた看板です。
一人の毛深そうなイタリア男を追いかける数十名のウェディングドレスのお姉さん達。
f0112951_2215279.jpg

なんの広告でしょうか?

香水メーカーのものでした。ストーリーとしては、
素敵な香りをつけた男性をめぐってたくさんの女性が、「私と結婚して~!」と
追い掛け回す・・・・。
f0112951_22155989.jpg

夢の中の話でした、というのが落ちかもしれません。

しかし、この看板、花嫁さん達はみんな華やかなドレスですが、
彼氏の格好のしょぼい事・・・・

もっと華やかな衣装なかったのかね。
[PR]

  by peewee3 | 2015-08-19 17:25 | 恋塚ブライダル現場

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE