<   2013年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

プロカメラマンの撮るアングルはベストショットなのか?(2/28)

答えは、YES!ベストショットです!

長年の写真家としての経験がいい写真をたくさん生みだしています。

先日の披露宴で新郎友人が、プロのカメラマンさんの隣でカメラマンさんと同じアングルで撮っていました。
その後もその後も・・・。プロが撮るアングルはベストのはず!と言うように見えました。

その友人カメラマンさんに言いたい。

「その場所は確かにベストショットかもしれませんが、そのショットは既にプロカメラマンが撮影しちゃった場所なんですよ。」

新郎新婦に喜んでもらえる写真を撮りたいんだったら、別のアングルにしたら?

私も、持込司会の場合、余裕がある時に写真を撮り、新郎新婦さんへ送って差し上げます。
もちろんプロカメラマンと張り合おうなんて思いません。司会者ならではの司会者目線での写真を撮って差し上げています。

こんな感じの写真ね。

f0112951_0111889.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2013-02-28 23:28 | ブライダルトピックス

遠山詳胡子さんのブライダル本出版パーティ(2/26)

今日は、BIAブライダル事業振興協会認定 初代ブライダルマスターの遠山詳胡子さんの出版パーティに行ってきました。ブライダル業界を中心に200名も集まりました。大規模ブライダル業界飲み会を楽しみました。

司会進行は、遠山詳胡子さんイベントの専属司会の大阪の岡本さん、我らBMCAのメンバーです。

軽やかなトークを聞きながら、たくさんの皆さんとお話できました。

写真は、
左:遠山詳胡子さんのスピーチシーン
右:司会の岡本さんと私
f0112951_2255158.jpgf0112951_22552664.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2013-02-26 22:55 | ブライダルトピックス

フォーマル服の定義(2/25)

フォーマル服といえども最近は、デザインタキシードとか、ロングタキシード、デザインフォーマルなんて言うネーミングも出てきて、個性反映した華やかな物が多くなってきました。

ですが!本来のフォーマル服の定義は、と言うと、

シンプルであること=飾り付けがないこと。

です。

男性の上着で言うと、ダブルよりも、シングル
3つボタン・2つボタンよりも、1つボタン
スラックスの裾もダブルよりも、シングル
靴もリボンなどついていないシンプルなもの

フォーマルな場というのはファッションショーの場ではない、つまり、ギラギラしたデザインは不要であるということですよね。

結婚式は、パーティ性が強いので、多少はデザイン性のあるものでいいでしょうし、
本来は、「フォーマルと言うのはシンプルを極めるものではある。」
と解って着ている分には問題ないでしょうね。

でも、なんで日本のおやじ達の世界では、黒のダブルの礼服が定番になってしまったのだろう?
結婚式帰りのオヤジ集団が全員あのダブルの黒着て歩いているのって、あれ、ダサいですよね。

お通夜でも同じ。

私は、あのダブルの礼服をもう20年前に卒業しました。
f0112951_2318540.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2013-02-25 23:18 | ブライダルトピックス

新郎の謝辞(2/24)

私が担当した披露宴では100% 新郎さんは、披露宴の結びとして、締めくくりに「今日はありがとうございました!」と挨拶をしています。
全国的にも、新郎謝辞は当たり前なのかと思いきや、謝辞をしない新郎もいるようです。

2~3か月前の、ゼクシィに付録として付いていた、「彼専用ゼクシィ」によりますと・・・、

謝辞をしたと言う人は全体の95%。

どの位の時間しゃべったのかについては、平均時間で5分37秒とのこと。

結構長く喋ってるんだなあ。


謝辞をした新郎さんの自己評価ですが、

うまくいった!と感じている人は、80%なのだそうです。

まあ、昔に比べると今の新郎さんは、人前で話すことにはあまり抵抗がないように感じますね。

なにせ、生まれた時には、もうカラオケなんていうものがあったわけですから。
f0112951_2393338.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2013-02-24 23:09 | ブライダルトピックス

幸せカップルさんと再会、呑み会の巻(2/23)

昨日は呑み会でした。

昨年9月に軽井沢で、披露宴司会を担当させて頂きましたカップルさんとの再会です。
昨年、忘年会をしましょう!申し合わせていたところ、昨日の2/22になってしまいました。

ハネムーンの写真を見せて頂いたり、大変だった苦労(結婚式準備のね)を聞かせて頂いたり、

昨年9月の軽井沢のさわやかな1日が思い出されました。

ハネムーンはカリブで豪華客船クルーズをしたそうです。
カリブ海日本からすれば、地球の裏側ですし、なかなか行けない場所ですね。羨ましい!

昨日行ったお店は、東京吉祥寺、たくさんあるお店の中から、
お魚中心のイタリアン居酒屋さんを選んで行ってみました。ワイン吞み放題プラン。おいしかったです。

お店の人に自然な雰囲気を撮ってもらいました。いい感じ。
f0112951_13372192.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2013-02-23 13:27 | 恋塚ブライダル現場

オペラパンプスのデザインについて② (2/22)

舞踏会のダンスシーンで、女性のドレスの裾を汚さないように靴墨不要で、ピカピカ靴の、エナメル靴が重宝したわけですが、エナメルになっても解消されないもう1つの問題がありました。

ダンス時に靴紐がほどける場合があります。それを女性が踏んづけてしまい、転倒するという問題です。
紐のないラフなデザインのオペラパンプスは、そんな問題も解消してくれました。

ちなみに、パンプスとは?ハイヒールと異なり、ヒールは低く、履き口が広く、簡単に履いたり脱いだり出来るデザインの靴のこと。
パンプスというと、女性用を思い浮かべますが、こんな感じでもちろん紳士用だってあるわけです。

かわいらしい靴で大好きです。なんだか家にどんどん溜まっていきます。

写真は私の靴箱から出して並べたオペラパンプス。これらは、まだ一度も履いていない新品なのです。
f0112951_2391477.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2013-02-22 12:59 | ブライダルトピックス

オペラパンプスのデザインについて① (2/21)

写真は、私の衣裳の一部でして、

タキシード用のオペラパンプスです。
男性用のリボン付きパンプスなんてかわいらしいと思いませんか?

1800年代のイギリス、
男性の正装に合わせる靴は、黒革の、ひも靴でした。
丹念に手入れをし、綺麗に磨いた革靴です。

そして社交ダンスを楽しむのですが、気合いを入れ靴墨をつけて磨かれた靴
は、踊るパートナーの女性のドレスの裾を汚してしまうと言う問題に繋がりました。

丁度その頃、パテントレザー(エナメル革)が発明されました。
エナメルの靴なら、クリームをつけて磨くことも不要だし、舞踏会でパートナーのドレスの裾を汚す心配もなくなったということです。

このオペラパンプスは舞踏会でも重宝されました。
f0112951_2342593.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2013-02-21 12:58 | ブライダルトピックス

ブライダルフェア目白押し(2/19)

1月、2月は婚礼件数が少ない時期です。こんな時期、逆に会場売り込みのチャンスと、ブライダルフェアが目白押し。

ちなみに、「目白押し」 とは、鳥の、めじろ が電線などに止まるとき、間を空けることなく密集して留まることから盛りだくさんのことを、めじろおし と言うそうです。

さて、本題に戻ります。われわれ司会者もブライダルフェア会場では、お手伝いとして目白押しです。(ちょっとメジロオシの使い方違うなあ)

司会の売り込みデスクを担当することもあれば、会場内のアナウンスだったり、試食会や模擬セレモニーの案内役や、模擬セレモニーの出演者になったり。

まあ、何でもあり攻撃ですね。

でも、我々司会者もワクワクしてブライダルフェアのお手伝いをしています。

と言うわけで、皆この仕事が好きで、やってます。好きじゃなきゃ続きませんし、好きだからこそ、輝いているのかも知れません。

写真は先月のとある会場の、新郎父役、新婦父役の姿・・・。
とある司会事務所の社長さんと、私恋塚が担当させて頂きました。
f0112951_22105310.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2013-02-19 21:51 | ブライダルトピックス

ブーケトスの由来(2/18)

今日、とある番組制作会社さんから、電話が来ました。

ブライダルMCアライアンス会長恋塚宛てでした。

その番組で、ブーケをテーマにあれや、これや、トリビアネタを話し、みんなで、「へーっ!」って言う番組のようです。

電話の内容は、そのネタ集めでして、

「恋塚さん、ブーケトスの由来を教えて頂きたいのですが。」

とのこと。お答えしました。

ブーケトスの発祥ですが、今から200年程前のアメリカのウェディングに遡ります。

挙式を終えて、解散!と言う時、新婦は振り向きざまに、挙式をお手伝いしてくれた、ブライズメイドちゃん達へ向かって

「みんなありがとう!次は誰の番かな?」

と、ブーケをほおり投げたと言います。

これが、ブーケトスの発祥です。

ちなみにガータートスもブーケトスに関連していそうに見えますが、こちらは400年前のイギリスが発祥なんです。


写真はイメージ。
f0112951_22524915.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2013-02-18 15:44 | ブライダルトピックス

2013年冬の司会スクール修了(2/17)

今日は司会者養成スクール行ってきました。

昨年12月開講の、MC恋塚司会者養成スクールですが、本日を以って修了となりました。

今日勉強したのは、司会者にとっては重要な部分でもある、

「新郎新婦との打ち合わせについて」、そして、今後各自が自力で勉強していけるように、

「スランプの構造と、その壁の乗り越え方???」

レクチャーしました!これで、今後、自力で、学んで問題解決をすることも出来ます。

今日も100名定員の部屋を借りて、マイクを使って声出しもしました。


4名のスクール生の皆さんの本日で卒業です。

今後は現場に入って頑張ってもらう予定です。
よしよし!!!
f0112951_16111869.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2013-02-17 16:11 | 恋塚ブライダル現場

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE