<   2012年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

披露宴のビデオ撮影は必要か?(その1)

プロのカメラマンを頼むカップルは大半ですが、ビデオ撮影となると、全体の20~30%に過ぎません。

これは日本に限らず欧米でも同じ傾向で、ビデオ撮影にお金を掛けるカップルは少ないのです。

たとえ撮ったビデオも結婚式して2~3か月は見ないのだと思いますが、披露宴様子が頭の中で薄れていく頃、こんな意見を聞きます。

「やっぱり写真と映像はちがう!断念したけど友達のDVDを見るとやっぱうらやましい」

映像を見て感動するのは、メインテーブルから見えない(違う方向から撮った)視点で見ることが出来るということ。

「へー、こんな瞬間もあったのか?」、「○○ちゃんこの場面オオウケしてる!」などたくさんの発見があるのです。

一生に1回の結婚式ならば、映像に残しておくのは実に価値があることですよ。

私はビデオお薦め派です。

f0112951_1555164.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2012-06-30 15:04 | 恋塚ブライダル現場

築地でうなぎ

最近築地に通っています。

築地市場の移転(2014年?定かではない)がニュースになってから、昭和の匂いのする大好きな築地に通ってます。

今日もお昼ご飯を食べに行ってきました。
今日行ったお店はうなぎ屋さんで、その名も築地うなぎ食堂!
場外市場のお店の並ぶ中、店頭ではウナギのかば焼きが売られ、
奥には10人ちょっと入るといっぱいになるというお店を併設していました。

本日は1100円のダブルうな重(肝水つき)を食べてきました。市場エリアだけあって、いいものが安く食べられます。

と、そこへ、TBSが、テレビのニュースで流したいと撮影にやってきました。

TBS→お店の人に、「撮影させてもらえませんか?お客さん皆さんに了解の上撮りますので」ってことになってカメラが店の中に入ってきました。

私のところにも来て「TBSですけど、今日の夕方、ニュースで放映なんですが食べているところ撮らせてもらえませんか?」

と言うので、私は、「いや!私、勤めが、日テレなんでダメダメ。」なんて言ってお断りしました。

更にTBSが「背中からでもだめですか?」というので、更に、「他局のニュースに映れないですから。」と丁重にお断りしました・・・。

マイクを握ってということであればOKしたのですが・・・(ウソウソ!)
f0112951_23422448.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2012-06-28 23:42 | プライベート

結婚式の予想外出費シリーズ③

新郎新婦さん、

いろんなアイテムが、大体このぐらいの金額でしょう、と勝手な思いこみをしてまうと、失敗を招きます。

思ったより単純に高いといものもあれば、「他に○○料金が掛かります」とか
「それは個数分お金が掛かります」、とか、「●と○は別々の料金です」
などなど

「えーっ!」ってことがあります。

・ウェディングケーキはケーキ代金に加え、デザイン料というのが加算された。
・映像演出用のプロジェクタとスクリーンは各々別料金だった!
・バルーン演出は風船代に設置料金が掛かった。
・2次会を同じ会場で行うのでそのままドレスが着られると持ったら、ドレスの延長料金が必要だった。
・ブーケトスはトス用ブーケを別に頼まなければならなかった。
・結婚証明書は挙式料20万円には含まれていなかった。
・ヘアアクセを変えてもらうのにチェンジ料がかかった。

んー、恋塚データベースからは幾らでもそんな話が出てくるぞ。
f0112951_06496.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2012-06-28 00:06 | 恋塚ブライダル現場

連続講談の会

今日は、喋りの勉強ということで、講談を聞きに行ってきました。
人間国宝の一龍斎貞水先生の講談です。コンテンツは、忠臣蔵です。

原稿をきれいに読み上げるアナウンサーの仕事とは異なり、聞いているお客様の反応を見ながら、つまりはお客様のペースに合わせて解りやすく講釈するというのが講談です。ブライダル司会には大変勉強になるわけです。

今日も一番後ろの席で観覧しましたので、どういう語りの時にお客様はどんな反応をしているのかも見ることが出来ました。

自分で思うきれいな言葉を並べるよりもお客様が理解できるペースで、いっしょになって新郎新婦をお祝いする、これが私の今のテーマです。
f0112951_0295423.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2012-06-26 00:30 | プライベート

司会スクール6月クラス始めました編集する 2012年06月25日00:32

今日から、司会者養成講座、6月開始コース始めました。
受講生は3名、皆 良い感じです。

ブライダル司会者に必要とされるもの3つあります。

・一般常識
・ブライダル知識
・マナー

この3つさえ押さえておけば、どんな司会進行をしてもOKですよ。
と教えました。
[PR]

  by peewee3 | 2012-06-24 23:11 | 恋塚ブライダル現場

ブライダル司会暦、四半世紀!


最近気づいたことですが、私は今、47歳です、ブライダル司会は22歳から始めています。今年で司会者暦は25年ということ。これ、四半世紀ということです。

なんだか私も年代ものになってしまいました。

きっと、47歳にして、ブライダル専門司会で四半世紀と言ったら、私しかいないと思います。

率直に、25年って長かったですか?短かかったですか?ともし聞かれたら?
実に長いと答えると思います。

1つ1つの披露宴を覚えているからこそ、25年があっという間とは感じないのだと思います。

これからも1組1組を大切に、司会をさせて頂きます。
f0112951_052385.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2012-06-23 00:52 | 恋塚ブライダル現場

今週日曜からMCスクール始めます。


この日記でもご案内していおりますが、今週日曜6/24(日)9:30~12:00、隔週日曜に恋塚ブライダル司会者養成スクール開講します。

通常土日の昼間に学べる司会スクールっていうのはあり得ないのですが、
そこをやりくりして、隔週日曜日午前に、6回コースで開催します。

逆に、土日の昼間なら是非受講したいという問合せはあるものでして、私としても、やりがいを感じます。

スクールの期間内に、披露宴の見学も設定しますし、スクール修了後は、幾つかのプロダクションをご紹介致しますので、希望者にはオーディションを受けて頂き、プロMCのステージへ進んで頂けます。

場所は東京中央区京橋の貸し会議室を借りての開催です。
詳細は、
http://www.h5.dion.ne.jp/~peewee/mcschool/index.html
でご案内中です。

受講申し込みはまだ受け付けておりますのでお気軽にご相談くださいまし。
f0112951_015388.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2012-06-22 00:16 | 恋塚ブライダル現場

結婚式の予想外出費シリーズ②

専門用語の意味が解らなく金額の妥当性を納得せずに当日を迎えてしまったなんていう新郎新婦さんもいます。

筆耕料 → 単価は安いけど人数分となると高額。
お引上げ → 内容が解らないので高いか安いか解らない。
ウィッグ料 → これ、髪の毛を盛る時の付け毛の料金
チェアドレス → なぜ椅子カバーって言わないの?
介添人 → アテンダーって言葉も解り難い
ジョーゼット → 最近はお金取らなくなってきたから見ない言葉かな。

解らないままにしておくのが一番まずいです。
解らない言葉があったらどうするか?
私、恋塚にご相談くださいませ。
f0112951_23424099.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2012-06-20 23:42 | 恋塚ブライダル現場

結婚式の予想外出費シリーズ①

会場見学時の見積り書と、最終見積もり書の差額ですが
全国平均で70~90万円UPと言われています。

人数が増えたり、新たなアイテムの追加だったり、料理のグレードアップだったり。

思わぬ金額アップには大きく分けて3つあります。

①把握していないものが積み上がっている。
→具体的には、専門用語の商品は良く分からなく理解しないまま金額が積み上がります。

②グレードアップによる加算。
→原因は、小さなグレードアップでもそれが人数分だったとか、アップしてもこの程度だろうと自己見積りが甘かった。

③当日追加した項目の請求書を見て焦りまくり。
→フリードリンク以外のものを飲みたいゲストがいたり、写真室での撮影で、家族だけのショットを追加したり・・・。

大なり小なりみんなあるみたいですね。でも、プロに依頼してそのサービスを受ける訳ですから、品質は高いはずですよ。
f0112951_23242130.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2012-06-19 23:24 | 恋塚ブライダル現場

執事のような披露宴司会者


昨日の続きで、横浜山手の111番館のウェディングについて。
人前式の後の披露宴ですが、アットホーム感満載でした。

先ずは、この会場が何とも味があります。
1926年(大正15年)にジョン・エドワード・ラフィンさんというアメリカ人の
住まいとして造られたお屋敷です。

平成8年に横浜市が譲り受け修復したのちに一般公開している建物です。

こじんまりとしていながらも、吹き抜けがあったり、窓の外は深い緑だったり、横浜と言うよりもどこか高原のお屋敷を占有して行っている雰囲気でした。
f0112951_23111392.jpg


新郎新婦さんから司会者への要望ですが、「執事のような司会」でした。
ゲストへのおもてなしを重視して務めさせていただきました。

お開き後、館長さんから新郎新婦さんへは、「ここを第二のふるさとして、また訪れてくださいね」とのこと。

こういうの素敵です!
f0112951_23114410.jpgf0112951_23115488.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2012-06-18 23:12

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE