<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

山形へ結婚式場のコンサルティングに行ってきました。(9/29)

先週、山形県に行ってきました。この度の私のお役目は山形市内の結婚式場のコンサルティングです。
東京である程度の基礎データを調べてから山形に向かいました。

厚生労働省の公表値によると、年間婚姻数ですが、山形県全体では5400組、そのうち、山形市では、1200組だそうです。

但しこの数値には注意が必要です。厚生労働省が公開している組数というのは婚姻届の枚数です。ここから海外挙式、リゾート挙式、なし婚などを差し引かなければなりません。

山形駅前エリアでは、メトロポリタンホテル、国際ホテル、キャッスルホテル、グランドホテルという4強と、そして駅から離れたところに点在(つまり土地がある)ゲストハウスが数カ所という状況です。

山形市で結婚式を挙げるカップル数の推定から始まります。山形市のと近隣半径20キロ圏内の市町村の婚姻数を調べそれを母数とし、ある指数を掛けて、割り出します。

あとは、その会場会場で年間何組ぐらいまで対応が可能かなんていう目標を立ててコンサルティングは始まるわけです。

東京から新幹線つばさ号で3時間、山形駅を降りると涼しくて快適でした。

明日に続く・・・。
f0112951_17183731.jpgf0112951_1719350.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2011-09-29 17:19 | 恋塚ブライダル現場

昨年司会した新郎新婦さんと、披露宴2次会で再会!(9/26)

昨年、軽井沢で披露宴司会をしました。その時ゲストできていた新婦友人が先週結婚式をし、そこでまた私が司会をさせて頂きました。

今回の披露宴には逆に、軽井沢姫はゲストでした。歓談中は、私にビールを注ぎにきてくれました。実に嬉しいものです。

この度は、2次会も司会をさせて頂きました、楽しく盛り上がりました。2次会には軽井沢王子も来てくれました。昨年結婚した軽井沢カップルと再会となりました!

元気いっぱいでして、恋塚お父さんは実に、嬉しいです。

f0112951_0444838.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2011-09-27 00:44 | 恋塚ブライダル現場

目黒グリフォンで披露宴2次会の司会(9/24)

昨日の八芳園披露宴の後、2次会は目黒のイタリアンレストランで行いました。引き続き、私は司会として参加させて頂きました。

中学校の同級生から職場の皆様まで、50名が集まってのわいわいガヤガヤと楽しいパーティでした。

披露宴は、和装で鏡開きをしました。
ということで、2次会では、披露宴で行わなかった、
キャンドルサービス、ケーキ入刀、シャンパンタワーを行いました。これいいアイディアですね。

2次会で行う全員参加イベントは「名前ビンゴ」をしました。ゲストに配布したビンゴカードには、ゲスト自身の名前をひらがなで書いてもらいます。「 こ ひ づ か た せ は 」。

ゲームがスタートすると、これとは別に、新郎新婦席では、あいうえお~の50音のそれぞれの1文字が書いてあるカードから1枚つづ引いてもらい、その文字を司会が読み上げ、ゲストには該当する各自のカードの文字部分を折り曲げてもらい、全部降り曲がったら、ビンゴです。なかなかコンパクトに収まるゲームです。

その後は友人からの歌の披露、そして全員での記念写真を撮り、ゲストみんなで花道を作って、新郎新婦を送り出しました。

毎回思うことではありますが、実にウェディングって素敵です
f0112951_127325.jpgf0112951_1274127.jpgf0112951_1274923.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2011-09-25 02:42 | 恋塚ブライダル現場

八芳園 グレースルームで披露宴司会(9/23)

本日は東京目黒でおなじみの八芳園に行って来ました。
本日の私のお役目は披露宴司会です。

新郎新婦さんは陸上自衛隊の隊員さんで、新郎さんはヘリコプターのパイロット、そして新婦は衛生部隊です。

挙式は、神前結婚式でした。私も挙式から出席し、お祝いさせて頂きました。

披露宴では、紋服・黒引き振袖でシックに入場、そしてお色直しの再入場は陸上自衛隊の礼装と、そして白いウェディングドレスでした。
テラスから入場し、その場でみんな前で、指輪の交換を行いました。そして新郎から一言ということでマイクを渡しますと、新郎さん曰く

「実はプロポーズをしていませんでした、今ここでプロポーズをします!僕と結婚を!」

と礼服姿で実に格好よかったです。


実は、昨年私が、軽井沢で披露宴司会をした時に来ていたゲストさんが、本日の新婦さんです。今日はその昨年挙式した花嫁さんがゲストで来ていて、再会もしました。元気そうでした。何よりです。

f0112951_041144.jpgf0112951_0412341.jpgf0112951_0413694.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2011-09-24 00:41 | 恋塚ブライダル現場

ウェディングケーキのモデルになった教会 セント・ブライド教会訪問(9/22

段々の大きなウェディングケーキですがイギリスが発祥です。ロンドンの街中、ダイアナさんの結婚式をした有名なセント・ポール寺院近くにあります、その名もセント・ブライド教会(和約すると花嫁教会?)の鐘楼が段々のウェディングケーキのモデルになったと言われています。

あるケーキ職人がウェディングケーキの注文を受けました。どんなデザインにしようか悩んでいた時に、窓の外に目をやった時、この教会が目に入り、これをケーキのデザインに取り入れたと言います。
f0112951_10284896.jpg


この教会は、ロンドンに行くと毎回訪れる教会の1つです。今回も行ってきました。中では、ピアノコンサートの準備が成されていました。
教会堂での演奏ってきれいに響いて素敵なんですよね。
f0112951_10293717.jpg


セントブライド教会について詳しくお知りになりたい方は
恋塚の出版本の 「ブライダル博士のハンドブック」
http://www.h5.dion.ne.jp/~peewee/book/index.html
をご覧くださいませ。

セントブライド教会の場所は本当にロンドンの街中です。言ってみたい方、Eメールくださいませ。場所お教えしますよ。
f0112951_1030049.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2011-09-23 10:30 | 恋塚ブライダル現場

イギリス リーズ城ウェディング(9/21)

ヨーロッパはリゾートウェディングが多いです。日本で言うリゾートウェディングですが、英語ではDestinationWedding(ディステネーションウェディング)と言います。

先進国になればなるほど、このリゾート婚の割合は高いと言えます。
日本では15%程度ですがイギリスフランスでは30%近くがこの形態です。

なぜか解りますか?
先進国になればなるほど、交通の便は発達し、近隣(ご近所)との付き合いも気薄になります。
誰を招待するしない!の選択もドライになります。特定の招待客だけを呼んでリゾートで、という環境が揃っているのです。

日本でも30年前はきっと、親戚の誰を呼ぶと、あの人も呼ばなければならないなんていう社会だったはずです。

さて、ロンドン滞在時、ロンドンの南にある、Leeds城(リーズ城)というお城に行ってきました。

今は一般公開されている名所です。歴代の王さまお妃の別荘として使われてきた由緒あるお城です。

今は一般公開、そしてWeddingも出来るようなっています。
今回訪問した時、丁度、レセプション会場は準備中でした。こんな素敵なお城でのウェディング素敵ですね。
f0112951_026228.jpgf0112951_0264164.jpg
f0112951_0281997.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2011-09-22 00:26 | 恋塚ブライダル現場

ロンドンの街中で出会った結婚式(9/20)

何と珍しく、金曜日の夕刻にロンドン市内のとある教会で結婚式に出会いました。
f0112951_2230465.jpg


日本ですと、土日の挙式が多いですが、海外のキリスト教では、土曜日の挙式が断然多いです。

街の教会では、日曜午前は信者さん達の礼拝が優先します。
月~金はみんなお仕事でNGですので、土曜日に集中します。
ということで今回出会った挙式は平日挙式と言うことですね。

今回であった結婚式の教会名は、なんとかsocial教会(社会福祉教会)というところでした。
日本語で言うと、

「なんでもありキリスト教式結婚式」

を行うところです。

つまり教派に寄らない教会で、希望した進行内容で挙式をしてくれます。

どういうことかというと、両家の信仰宗教が異なった場合、そして挙式進行でお互い意見がぶつかった場合、司式者と相談して、折衷案形式の進行で行ってくれるのがこの形式です。

縛りの少ない教会と言うことです。
f0112951_22303122.jpg


挙式の後は、教会の前で記念写真を撮り、その後パーティ会場のレストランへはみんなで歩いて移動していきました。
[PR]

  by peewee3 | 2011-09-20 22:29 | 恋塚ブライダル現場

ロンドンの洋服ブランド、SuperDry→極度乾燥しなさい(9/19)

SuperDry と言えば、日本を代表するビールのブランドでおなじみです。のど越しさわやか!を謳ったドライビールですね。

ロンドンの街中でSuperDry!というブランドの洋服屋を発見しました。
しかも正式名称は

「SuperDry 極度乾燥しなさい」です。

f0112951_23393049.jpg

和訳すればそうなるのでしょうが、売っている服には、日本語で極度乾燥しなさいとプリントされています。
それが結構この紙袋を持った人が街にあふれていましたよ。
f0112951_23394476.jpg

外人から見ると、きっと格好いいのだろう。。。
[PR]

  by peewee3 | 2011-09-19 23:39

バッキンガム宮殿でウェディングドレスを見る(9/18)

ロンドン旅行中、バッキンガム宮殿に行って来ました。

イギリス王室予算確保のため?なんて内部事情を言ってはいけませんが、
バッキンガム宮殿の一般公開のタイミングでしたので、行ってきました。
宮殿への訪問は私自身3回目です。

今回の目玉は4月に行われたケイトミドルトン妃のウェディングドレス、そしてウェディングケーキの展示でした。
館内は撮影禁止でしたので写真は撮れませんでしたが、しっかりと見てきました。

ドレスが展示されていた部屋はボールルームと言って、披露宴が行われた場所でした。
ウェディングドレスはさすがに手が込んでいました。レースが実に贅沢に使われていましたし、トレーンも綺麗にデザインされていました。
ウェディングケーキは、フルーツケーキを砂糖でコーティングしたものを段々に重ねたものでした。入刀した後もそのまま残されていました。

上から2段目のケーキはビスケットのマクビティ社から贈られたものだそうです。何しろ、ウィリアム王子がマクビティ好きで知られていることから、贈られたそうですよ。

これ見られて嬉しかったです。
f0112951_2331422.jpg
f0112951_2332833.jpg
f0112951_2334393.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2011-09-19 02:33

ブライダルラッキーコイン 6ペンスを探して・・・(9/17)

花嫁さんが、左足の靴にこのコインを入れて、挙式に望むと、裕福な新婚生活を送ることが出来るという、ブライダルラッキーコインの英国6ペンスコインですが、このコインは1967年で造幣が終わっているため現在は、古銭を探すしかありません。

私のサイトではこの貴重なコインを調達して、希望者にお分けしています。

今回のイギリス旅行では、ロンドンを実際に歩いて、6ペンスコインを探し回りました。アンティークショップ、フリーマーケット、コインショップなど周り、今回もある程度の枚数はゲットできました。

日本でも、この6ペンスが販売されていますが、私のサイトの6ペンスだけは唯一、ロンドンまで行って一枚一枚入手してきた、つまり心を込めたものです。 つまり枚数は限られてしまいますが、

ご希望の方にお譲りしています。幸せになりたい花嫁さんに強力なグッズです。
こちらのサイトでご紹介していますよ。
http://www.h5.dion.ne.jp/~peewee/6pence/index.html
f0112951_153744.jpgf0112951_154653.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2011-09-18 01:05

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE