<   2011年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

祝! アカデミー賞、「英国王のスピーチ」(2/28)


予想通りの結果というか大勝ですね。英国王(ジョージ6世)の物語です。
エリザベス2世のお父さんにあたる、ジョージ6世は、第一次大戦、第二次大戦のものすごい時代を過ごしたイギリスの王様です。王様のスピーチ一つで軍隊の士気にもかかわる訳ですね。

イギリスは戦勝国とは言え、戦争中は日本と同じ島国で資源がない国ですから財政難になったと言いいます。

1つの例ですが、通貨貨幣のお話をしましょう。通貨コインに於いては、銀貨は本来、銀材料で作るものですが,国家財政が苦しくなったタイミングでどんどん銀貨の材料はニッケル銅貨(日本で言うところの100円玉)になりました。

花嫁さんのラッキーグッズとしてお馴染みの6ペンスコインについてですが銀の含有率をみてみましょう。


王様の名前   (年代)   銀貨の銀の含有率
ヴィクトリア女王 (1838-1901)  92.5%

エドワード7世  (1902-1910)  92.5%

ジョージ5世   (1911-1920)  92.5%

ジョージ5世   (1920-1936)  50%

ジョージ6世   (1937-1946)   50%

ジョージ6世   (1947-1952) ニッケル銅貨銅(日本の100円玉と同じ)

エリザベス2世  (1953-1967) ニッケル銅貨銅(日本の100円玉と同じ)


私の6ペンスコインのサイトへの質問Eメールで多いのがこの類です。

「ちゃんとした本物の銀貨なのでしょうか?」というものです。

上記の通り、銀を含有しているものも私の手元にありますがそれは希少でそして高価になります。

写真は上の段
左から、ヴィクトリア女王時代の6ペンス、エドワード7世、ジョージ5世
下の段 左がジョージ6世、右がエリザベス2世
6ペンスコインは1967年で造幣が終了しており今は古銭としてしか目にすることができません。
http://www.h5.dion.ne.jp/~peewee/6pence/index.html
f0112951_23501867.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2011-02-28 23:50 | ブライダルトピックス

港の見える丘でのウェディング(2/26)

港町横浜の、港の見える丘公園内のホテルでのウェディングに行ってきました。私のお役目は、人前式の司式と、そして披露宴司会でした。

好天に恵まれました。港の見える丘公園というだけあって、横浜港が一番綺麗に見えるスポットです。ホテルの部屋からは横浜ベイブリッジが綺麗に見えます。

人前式会場もそして披露宴会場からも絶好のロケーションでした。
f0112951_1243435.jpg

挙式では、新婦入場を先導するリングガールちゃんがいました。新郎の姪御ちゃん二人ですが、日本とカナダのハーフの女の子ふたり、実に可愛かったです。
f0112951_125162.jpg

披露宴はホテルの最上階のバンケットで行われました。夕方16:00~の披露宴開始です。時間が経過するに毎に暗くなりベイブリッジも綺麗に見ることが出来ました。

ゲストの皆さんもお開き時に皆写真を撮っていました。

実に素敵な会場です。
f0112951_1252474.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2011-02-28 01:25 | 恋塚ブライダル現場

英国王のスピーチ 英国王ジョージ6世の6ペンスコイン(2/25)

明日、2/26から全国ロードショーの映画、「英国王のスピーチ」について。(2/25)
映画サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp/

主人公の王様ジョージ6世(1895~1952)は、今年4月に結婚するウィリアム王子の、ひーおじいちゃんにあたり、つまりエリザベスⅡのお父さんとなります。
f0112951_0575391.jpg


現在、ウィリアム王子は英国空軍に所属していますが、このジョージ6世も空軍のパイロットでした。
日本では皇族が軍に所属することはありませんが、英国は戦勝国です。王室が国家の力の象徴である軍に所属することは歴代あるわけです。なんてことで、ジョージ6世を身近に感じて頂いたところで、

英国の通貨のお話。

英国の花嫁ブライダルラッキーコインである、「6ペンスコイン」をご存知ですか。
花嫁さんの左足の靴に入れて挙式に望むと新家庭が裕福になるという言い伝えのコインです。

今ではブライダルラッキーコインとして、ウェディングのスタッフの間でもひそかに広まり、ポケットに忍ばせて仕事に望んでいます。

そんなブライダルラッキーコインを手に入れたくて、
2年に一度のペースで、私はイギリスに渡航する時にアンティークショップや、蚤の市などで、この1967年まで造幣していた、まぼろしの6ペンスコインを探しまわります。

英国通貨(紙幣、コイン)にはその時代の王様の顔絵が刻印されます。古銭として残っているこの6ペンスコインの大半は、エリザベスⅡの刻印ですが、ジョージ6世の顔絵が刻印された6ペンスコインもたまに見つかります。
f0112951_059329.jpg

f0112951_132245.jpg
希少なジョージ6世のコインですが、私のサイトでエリザベスⅡ+ジョージⅥの6ペンスコインを組み合わせて、結婚するカップルさん向けにお分けしています。

新郎新婦さんはもとより、新郎新婦への贈り物にも素敵ですよね。
趣味の範囲程度しか手元にありませんので本当に希少なのです。

6ペンスストーリーに共感して下さる方にはお分けしちゃってます。
ご興味ある方はこちらをご覧ください。
http://www.h5.dion.ne.jp/~peewee/6pence/g6r.html
[PR]

  by peewee3 | 2011-02-26 01:00 | ブライダルトピックス

プレハブ酒場にて(2/24)


今日はブライダルではなくプライベートな話題。

東京恵比寿の呑み屋さんで、プレハブ酒屋というお店があり行ってきました。
プレハブ酒場の看板を掲げる、プレハブの店舗で営業する居酒屋です。

何のことはない居酒屋さんですがプレハブの室内、運動部の部室を思い出しましたね。
そんな中で呑んできました。

ホテルのメインダイニングもよく行きますが、この○○酒場とか○○横丁と言うノリが大好きです。
特に昭和を感じるような丸椅子とテーブルでちびちび呑るスタイルで、正に日本のお父さんの夜と言う感じです。

今日もいい感じでした!!
f0112951_143188.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2011-02-25 01:43 | プライベート

日本の介添えシステムは世界に自慢できます(2/22)

先週の日記で、欧米のウェディングでは、新郎新婦をサポートする役割として、付添人(Attendant)と言う人がいると話ましたが、日本にはこの手の人が登場ません。

欧米と日本の文化の違いです。
欧米のウェディングの考え方は、みんなでお祝いしてあげよう!という精神がありますから、「私、結婚するの!」と発すればお友達みんなが、「じゃあ、私、受付お手伝いいする!」、「私は、お部屋の装飾お手伝いする」、男性なら「車のデコレーションをしてあげよう!」、「撮影係をしてあげる!」
なんていうことになります。ベストマンやブライズメイド等々登場人物も増えるわけです。

一方、日本ではどうでしょうか?お友達の結婚式の話を聞いて、「受付手伝ってあげる!」、「2次会の幹事やってあげる!」と自分から手を挙げる人はいません、総て、新郎新婦からの依頼に基づいてお手伝いをします。

では、欧米では、付添人が新郎新婦をサポートしますが、日本ではどうかというと、それを担当するのが会場のプロの介添え人(アテンダー)なのです。

つまり欧米では、ゲストの一員が付添人をしますが、日本ではその部分はプロがサポートするという実にすばらしいシステムになっているのです。

我々日本人からみればお嫁さんのサポート役はもちろんプロに頼んだ方が安心ですよね!!
f0112951_0245975.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2011-02-23 00:25 | 恋塚ブライダル現場

教え子プランナーらと呑む会でした(2/21)

年末、年明け、教え子現役プランナー達から今だ、良くEメールが飛び交い、今でも新年会ラッシュです。

まあ寒い季節ですから鍋でもすっか?ということで有志が集まりました。

会話の内容はみんなの現場での活躍のお話と、そして情報交換。実は会場を越えての同世代のプランナー達の交流会って、実に貴重というか他にはないですね。会話を聞いているのも楽しいです。

今回は奮発してふぐを食べることになりました。
てっさ、からあげ、鍋って感じで締めはそのお鍋で作った雑炊です。ふぐ鍋の雑炊って絶品ですね。
f0112951_1153856.jpg
f0112951_1155049.jpg
f0112951_116528.jpg

私はいつも思いますが。ふぐのコース料理って、この雑炊を食べるために鍋をする!って感じです。

今回も実に美味しかったです。
[PR]

  by peewee3 | 2011-02-22 01:16 | 恋塚ブライダル現場

ド根性ウェディングの司会(ロザンジュイア広尾)(2/20)

今日は東京広尾のロザンジュイア広尾へ行ってきました。本日のお役目は、人前式の司式者、そして披露宴司会でした。

新郎さんのお名前は、ひろしさん、そして新婦さんは、きょうこさん、

ひろし君ときょうこちゃん、といえば、ド根性カエルですね。
という事で、新郎新婦のアイディアで、スタッフ全員に、ぴょん吉のミニマスコット人形が配られました。早速私もそのぴょん吉を胸に着けて楽しく進行をしました。


そしてお色直し入場ですが、新郎はぴょん吉のシャツを着ての入場で、大ウケでした!!!!メインテーブルに到着するのを見計らって、私も、ねじりハチマキをしまして、すし屋の梅三郎を演出してみました。「おーい!ひろし!おめでとう」なんて感じでアナウンスしました。ゲスト大喜びのシーンでした。
私も頑張ってよかったです。
f0112951_1364716.jpg


これぞ、ド根性ウェディングですな。実にいいアイディアですよ。

f0112951_1375351.jpg
f0112951_1384828.jpg

ド根性カエルですが、スタッフの中には知らない人もいました。
私も今日は調べて望んだのですが、昭和47年に少年ジャンプの連載で始まった江戸前のストーリー漫画でした。
びっくりしたのは、視聴率が、ルパン三世、宇宙戦艦ヤマト並みの20%もあったということ。そりゃあみんな知ってた名作ですね。
[PR]

  by peewee3 | 2011-02-21 01:38 | 恋塚ブライダル現場

結婚式の付添人と介添人、アテンダー?(2/18)

昨日の日記では欧米のウェディングでは、新郎新婦をサポートする役割として、付添人(Attendant)と言う人がいると話ましたが、日本にはこの手の人が登場ません。

欧米と日本の文化の違いです。
欧米のウェディングの考え方は、みんなでお祝いしてあげよう!という精神がありますから、「私、結婚するの!」と発すればお友達みんなが
「じゃあ、私、受付お手伝いする!」、「私は、お部屋の装飾お手伝いする」、男性なら「車のデコレーションをしてあげよう!」、「撮影係をしてあげる!」なんていうことになります。

ベストマンやブライズメイド等々欧米のウェディングでは、登場人物も増えるわけです。

一方、日本ではどうでしょうか?お友達の結婚式の話を聞いて、「受付手伝ってあげる!」、「2次会の幹事やってあげる!」と自分から手を挙げる人はいません。総て、新郎新婦からの依頼に基づいてお手伝いをします。

では、欧米では、付添人が新郎新婦をサポートしますが、日本ではどうかというと、それを担当するのが会場のプロの介添え人(アテンダー)なのです。

つまり欧米では、ゲストの一員が付添人をしますが、日本ではその部分はプロがサポートするという実にすばらしいシステムになっているのです。
我々日本人からみればお嫁さんのサポート役はもちろんプロに頼んだ方が安心ですよね!!
f0112951_10252353.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2011-02-19 00:02 | 恋塚ブライダル現場

英国ウィリアム英王子の結婚式の付添人決まる。(2/17)



ロイター通信によると、イギリスのウイリアム王子と、ケイトミドルトンさんの結婚式について、重要な役割である、付添人が決まったと報道がありました。

ウィリアム王子の付添人は、弟のヘンリー王子が、そしてケイトさんの付添人は妹のビッパさんが、そしてアッシャーやブライズメイドは友人や王室メンバーが行うようです。

「付添人」、日本ではあまり聞き慣れない言葉ですが、欧米では、新郎、新婦各々をお世話するアテンド役がいます。これは、キリスト教でもユダヤ教式でも、人前式でも形式を問いません。

新郎をアテンドする人々をアッシャーといい、それを取りまとめるリーダー役をベストマンといい、新婦をアテンドする人々をブライズメイドといい、その取りまとめリーダーがメイドオブオーナーです。

付添人というと、付き人みたいな印象を受けますが、つまりはいい日本語訳がないんですね。

これら「付添人」を英語ではAttendant(アテンダント)といいます。

飛行機のCabin Attendant(CA)の、アテンダントです。

そしてこのアテンダントを和訳すると、付添人となってしまうわけです。

写真はイメージ。真ん中に新郎新婦、両脇にブライズメイドとアッシャー達。
f0112951_2346633.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2011-02-17 23:46 | ブライダルトピックス

春は、桜ウェディング!横浜三渓園


桜の開花は地域によって異なりますが、それはさておき、桜の季節に結婚式が出来たら実に素敵です。

桜は散るので時期的に結婚式には良くないなんて言ってた大昔の時代がありましたが、今は逆に桜を披露宴のテーマにしたり、
桜の時期は結婚式場も大忙しです。

私だって、さくらウェディングはわくわくします。今年はもうこの2月になると会場の予約がとれないのでは?と思っている方も多いでしょうが、
この時期、このご時世、4月のウェディングもキャンセルが出たり、大安を除けば空いていたりします。
f0112951_041673.jpg


私が出入りしている、横浜で一番和装が似合う、横浜三渓園も、若干空きがあるようです。ここはお花の時期、本当にお勧めです。
少人数だから、とか、結婚式はするかしないか解らないなんていうカップルさん、今ならチャンスかもしれませんよ。
f0112951_0415039.jpg

司会者という立場ですが、いろいろ御相談に乗りますよ。皆さんの想いをお知らせください。

この会場、恋塚のお勧めです。
http://cheersbridal.com/plan/sankeien/
[PR]

  by peewee3 | 2011-02-17 00:41 | 恋塚ブライダル現場

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE