<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

Nikonがドックから帰ってきた!

点検修理に出していたNikonFが修理センターから帰ってきました。

Nikonの原点ともいえる一眼レフの
Nikon F (にこんえふ)です。

製造は1959年、今から47年前のカメラです。って私42歳だから生まれてねーなあ。
実はこのカメラは祖父の形見でもあります。

このカメラはまだまだ現役でした、きちんと写るのです!!

銀座の中古カメラ屋さんでこの前見たら、9万円から15万円ぐらい。

ということで、このような機械式カメラは写真機でもありますが、芸術品でもあるので価値は下がりません。

しかし!最新鋭のデジカメ達はというと・・・・
あれは単なる電化製品ですので、古くなればなるほど、燃えないゴミにしかならないんだそうですよ。



てなわけで、常にカメラを買い続けております・・・。


f0112951_2247177.jpgf0112951_2247214.jpg



ちなみに下の写真ですが
NikonFとそして最近買った最新鋭のNikonD40(木村拓也がCMしてるやつ)。ここに47年間の歴史を感じよう!
f0112951_22474915.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2007-05-31 22:46 | プライベート

宇都宮の結婚式場にて

横浜ウェディングの翌日は、宇都宮での結婚式でした。
シュウマイの街横浜から翌日はギョーザの街です。こちらは私がウェディングプランナーの講師をしているヒューマンアカデミーに元お勤めだった方の結婚式ということで、友人司会者として入りました。
f0112951_0433926.jpg

ベルディ宇都宮と言うゲストハウスで離れのチャペルでの式はとても素敵でした。
式後は、ブーケトスならぬ、6ペンスコイントスセレモニーがありました。

イギリスでは、花嫁の左靴に6ペンスコインを入れて挙式に臨むと裕福な新婚生活になる(金運がある)
という言い伝えがあります。挙式後はそのコインを複数枚用意して、ブーケトスならぬコイントスのセレモニーが素敵です。
新婦さんが挙式で願いを込めたコインと同じものを幸せのお裾分けとしてトスするのです。

今回は、チャペルの階段の上から新郎新婦が後ろ向きになって新郎さん、新婦さん、各々が5枚づつをトスしました。列席者も金運と言うことばに弱いですね。盛り上がりました。

披露宴は5Fのシオンルームで行われました。歌あり、紙芝居あり、踊りありと列席者には楽しく過ごして頂きました。
現在宇都宮にはBMCAメンバーが4名いますがそのうちの1名が披露宴の見学に来てくれました。お土産のコーヒーまで頂いちゃいました。ありがとうございます。

お開き後は新幹線で一路東京へ。東京にもどり、むしょうにギョウザが食べたくなりました。自宅近所のギョウザ屋さんに行きました
5/18,19,20 3日連続のウェディングの現場を思い出しながら、ビール片手にギョウザにしました。これまた安らぐいい時間でしたよ。


f0112951_044374.jpg
f0112951_0444881.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2007-05-30 00:44 | 恋塚ブライダル現場

自分の売りは、確実に提供することが大前提!

先々週、イギリス・ロンドンに行ってきました。今回の往復の航空会社は2度目のヴァージンアトランティック航空でした。

ヴァージン航空は独自のサービスをたくさん準備しており、利用する側としては新鮮です。

・オンデマンドの映画は20本以上あったり、
・アメニティも充実しており一人一人に歯ブラシ・アイマスク・耳栓などを
 セットにしたものを配ったり、
・機内食はなんと4種類もあり、好きなものが選べます。

機内食の中には和食もあります。松花堂弁当といい、これも名物の1つで私はこれがお目当てでした。しかし今回は・・・・
私のところに機内食が配られるのが一番最後だったようです。CA(キャビンアテンダント)が、「お客様、本来は4種類から選べるところ、今、カレーセットのみとなってしまったのですが、よろしいでしょうか?」とのことでした。

CAの言い方が事務的で大変不快でしたが、それにも増して私は、ムッとしていました。カレーは好きなのになぜ、ムッとしてしまったのかその後考えてみました。

ヴァージン航空は機内食に関しては味の良し悪しとは別の次元で、「お客様に選んで頂くこと」がサービスの1つなわけです。しかし、私は、ヴァージン航空ならではの、「選べる」と言うサービスが受けられなかったわけです。

以下を見比べてみてください。

・4種類のうち、2つ品切れとなり現在2種類になってしまいました。2つの中からお選びいただけませんか?

・4種類のところ今は1種類だけになりました。これで宜しいですか?

上記の2つですが、サービスの提供と言う観点からすると実に違いますよね。

我々MCが、サービス業に従事している者として考えさせられる、大変いい題材でしたし、我々の現場と同じと感じました。私は司会者として、
 ・インタビューが得意です。
 ・アットホームにしたいならお任せください。
 ・場面場面の曲の提案は自信があります・・・・などなど

売りにしている商品やサービスはそれを確実に提供することが大前提なのです。そして現場では、+αのホスピタリティを提供していくことが必要ということですよね。


余談ですが、帰国便のヴァージン便では松花堂弁当を頂くことができました。
でもロンドンで積み込んだ和食料理は出汁の利き具合がイマイチでした。
やっぱり、成田から積み込んだ(千葉で作った)和食のほうが美味しいかな?

写真は、ヴァージン航空の松花堂弁当です。

f0112951_20513857.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2007-05-23 20:52 | プライベート

横浜ウェディング2

f0112951_0284569.jpg横浜山手イタリア山公園内にある洋館の外交官の家でガーデン人前式をおこないました。
私は司会&司式者でした。私の所属するプロデュース会社は手作りを謳っています。
スタッフの人数も少ないため、司会者は、進行だけではなく、新郎新婦のサポート
新郎新婦のマイク準備、署名時のお手伝いなど式の中身全部やります(やりました)。

当日5/19の午後1時から行われましたが、午前中は天気予報が見事あたり雨。予報どおりなら
午後晴れるはずだ。お昼に向けて徐々に日が差してきました。
新郎新婦さんは傘をさしてでもガーデンで式をしたいと要望いただきました。
結果、日傘が必要なほどの強い日差しでした。

ガーデンでの人前式、そしてその後はガーデンでのカクテルパーティでしたが
新郎宅で飼われているゴールデンリトリバー君、うさぎ君もやってきて終始和やかでした。

船の警笛が聞こえたり、お天気もよく、和やかなとてもいい結婚式でした。

f0112951_029876.jpgf0112951_029193.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2007-05-23 00:29 | 恋塚ブライダル現場

横浜西洋館ウェディング

f0112951_23171459.jpg
横浜山手(外人墓地とか、みなとの見える丘公園などあるところ)
には横浜市が管理する洋館(重要文化財)があり、無料で開放をしています。

この度、横浜市の応援もあり、この洋館でウェディングが出来ることになりました。

私が担当したのは山手地区イタリア山公園ないにあるブラフ18番館です。この建物は
山手45番地にあった外国人住宅を移築したものです。

私はこの建物の中で行われた人前結婚式の司式者、その後同じ建物の中で行われた披露宴
の司会を担当しました。
本来あるべき姿のゲストハウスウェディングだなあと感じました。

一般開放している建物ですから一般の方々にもお祝いをして頂けるというこれまた素敵な1日でしたね。

新郎新婦さん、お幸せにね。

f0112951_23174830.jpgf0112951_23173386.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2007-05-20 23:17 | 恋塚ブライダル現場

ブライダルフェア行ってきました。

ブライダルフェア行ってきました。と言っても今回は結婚予定のあるカップルに付き添ってのフェア見学です。
言い換えるとカップル二人の保護者と言うところですね。。

模擬挙式を見て、展示物を見て、模擬披露宴ではプロの司会者さんがしゃべっていました。上手上手・・・。
そして喫茶コーナーで休憩をしました。ケーキとコーヒーだけかと思っていたら、
婚礼料理ダイジェストプレート試食セット(勝手に名前をつけましたが)でした。
お造り、茶碗蒸し、お肉、ケーキ、コーヒーでした。あまりの芸術性に、思わず写真を撮ってきました。
f0112951_0481031.jpg


この会場には偶然にもウェディングプランナーの教え子ちゃんが働いているために、ブライダルサロンにも顔を出して
元気そうな顔を見てきました。

いろんな会場で教え子に遭遇します。嬉しいものですよね。

ブライダルフェア運営のスタッフのみなさんご苦労様でした。

f0112951_049169.jpgf0112951_049142.jpgf0112951_0492587.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2007-05-08 00:49 | 恋塚ブライダル現場

ロンドンって来ました恋塚です。

4/30~5/5までの6日間、英国ロンドンに行ってきました。

英国渡航は今回で9回目となりますが、物価が上がる一方です。というより、円が弱いのが原因です。20年前は1ポンド180円ぐらいだったのに今では250円です。その上VAT(消費税)が17.5%です。ユニクロも無印もお店がありましたが明らかに日本で買ったほうが安いです。地下鉄は初乗りが2.5ポンド(620円!)、マクドナルドのバリューセットは5.5ポンド(1300円!ですよ~)まあ、物価が高いのは仕方ない。

今回の渡航では休養とそして、私恋塚のページでも通信販売をしています英国6ペンスコイン
http://www.h5.dion.ne.jp/~peewee/6pence/index.html
の買い付けもしてきました。

コイン商よりも骨董屋の方がたくさんコインを持っています。でも骨董屋やstamp centreなどを覗いてきました。とてもいいものを見つけました。エリザベス2世の6ペンスではなく、エリザベス2世のお父さんに当たるジョージ6世、エリザベス2世のおじいちゃんにあたるジョージ5世のコインを大量に手にすることが出来ました。
英国ではその時代時代の王様の顔絵がコインに描かれます。
(詳しくは、 http://www.h5.dion.ne.jp/~peewee/6pence/museum.html )
日本ではこのジョージ6世、ジョージ5世のコインは、まず手にすることは不可能です。日本から英国にオーダーしても、入手困難です。が、それを今回50枚ほど入手できました。

準備が出来次第、「お嫁さんにはエリザベス2世のコイン、新郎さんにはこのジョージ6世のコインをポケットにしのばせ挙式に望みましょうセット」として商品化して、ネットで販売予定です。

金運を呼ぶ英国6ペンスコインお嫁さんだけではなく、新郎さんにも手にしてもらえればきっと素敵な新家庭になること間違いなしですよ。

左:ロンドン市街。赤の2階建てバスの渋滞風景。
中:骨董屋が並ぶノッティングヒルゲートの地下鉄駅
右:コイン屋さんのショーウィンドウ


f0112951_224659.jpgf0112951_22461681.jpg
f0112951_2247484.jpg
[PR]

  by peewee3 | 2007-05-05 22:49 | 恋塚ブライダル現場

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE