ブログトップ

今日は、バイキング料理の日(8/1)

今では当たり前となった「バイキング」という食のスタイル。

実は、帝国ホテルのレストランが発祥ということをご存知でしょうか。

さかのぼること50年以上前、昭和32 (1957) 年。新館建設のため新しいレストランを模索していた当時の帝国ホテル 社長・犬丸徹三は、デンマーク コペンハーゲンを訪れた際、魚介類や肉料理、酢漬けなど、好みのものを自由に食べるスカンジナビアの伝統料理 “スモーガスボード (スウェーデン語で「パンとバターのテーブル」)” に出会いました。

“好きなものを好きなだけ”食べる

というスタイルに注目した犬丸は、早速、ホテル リッツ パリで研修中だった村上信夫 (後の第11代料理長) に研究を命じ、翌年の昭和33 (1958) 年8月1日、日本初のブフェレストラン「インペリアルバイキング」が誕生しました。

「バイキング」というネーミングは、開業当時話題の海賊映画 『バイキング』から着想を得たものです。「北欧」という国と、“海賊”の豪快なイメージがまさにぴったりだということで採用され、

「インペリアルバイキング」

になりました。それ以来、「バイキング」という言葉が、“食べ放題”の代名詞として全国に広まったのです。

帝国ホテルホームページより引用
f0112951_234917.jpg

[PR]
by peewee3 | 2017-08-01 23:31