洋食のパンの役割(4/22)

そもそも日本は、ご飯食ですから、「パン」はご飯代わりと考えて食べがちです。
洋食のコース料理での、パンの役割ですが、料理と料理の間にお口の中をリセットするために食べるというのが当初の考えでした。ですから、バターは不要だったのです。

今では、好きな時に好きな料理と一緒に食べて構わない訳です。
そして、バターも供されるようになりました。
f0112951_21565591.jpg
f0112951_21570028.jpg

ということで、フランス料理では、バターナイフの置き場所は、正式には決まっていません。

まあ、パン皿の近くであればいいのでしょうね。
f0112951_21565819.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2017-04-22 21:49 | ブライダルトピックス

<< 横浜の奥座敷 緑色付く横浜三渓... 去年度という言葉はない!(4/21) >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE