東京中野の 「日本閣」 のパンフレット!(3/28)

結婚式場には当然婚礼のパンフレットがあります。チャペルの写真があったり、料理の写真があったり、高級感を謳っています。

今、私は、ブライダルのいろいろなものコレクションしていますが、この度、大変貴重なものを入手しました。

昭和40年代の結婚式場のパンフレットです。東京中野にある、大手結婚式場、「日本閣」 です。

こういう資料を目にするとブライダル業界がどう進化してきているのか、そして今後どんな方向に行くのかが解ります。

驚きはパンフレットの表紙には、日本国憲法の婚姻に関する記載があります。
婚姻とは、両姓の合意によって成立し~
(日本国憲法第三章24条を、詳しく知りたい方は http://www.bmca.jp/jinzen/index.html
でダウンロードが出来ます、人前式のハンドブックをご覧ください)
f0112951_22551428.jpg

日頃、このくだりは、人前式で私が口にするフレーズですが、こんな言葉がパンフレットの表紙を飾るということは、「結婚という儀式は重要なものなのか。その重要な儀式のお手伝いを私たちは致します。」ということなのでしょう。

新郎新婦のこだわりなども特にない時代ですから、披露宴は人生の節目の一つとしてのお披露目というもので形式的でよかったわけですね。

このパンフレットには他に、今で言うゼクシィに記載されている結婚式のノウハウ集も付いていました。
・披露宴当日までの準備内容
・衣裳の決め方
・引出物の決め方・・・・・

実に興味深い資料です。
f0112951_22555018.jpg

[PR]

  by peewee3 | 2017-03-28 22:56 | 恋塚ブライダル現場

<< ウェディングドレスにサッシュベ... ホワイエとは?(3/27) >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE